社員紹介

情報システム一課 課長 2009年入社 松浦 圭二

栗菱コンピューターズを入社志望した動機について

社員紹介

上流工程やプロジェクトのマネジメントに
関わりたいという強い思いで転職しました。

私の前職は某SIベンダーのSEで、仕事自体は充実していたのですが、プロジェクトマネジャーに昇進するチャンスがなく、将来のキャリアアップが見込めないということで、新たな活躍の場を求めて栗菱コンピューターズの中途採用試験を受けました。
当社の特長は、インフラ系から、業務系、ネットワーク、サーバー構築、ハードウェアも含めた保守など、多岐にわたる仕事をしていることです。その中で、私自身、プログラム作成だけでなく、上流工程やプロジェクトのマネジメントに携われるチャンスが多くあると思い、入社を志望しました。

現在の仕事や、やりがい、エピソードについて

社員紹介

プロジェクト人数を30名規模にまで拡大。
成果を認められ4年で課長に昇進しました。

現在は、ソフト開発の部署で、SIベンダー様をクライアントとして、放送局事業者様や、レジャー施設様向けのシステム開発と運用保守を行っています。入社当初は、わずか3名の放送局事業者担当チームを引き継いでのスタートでしたが、この少人数でお客様のシステムリプレースを担当。約半年間、膨大な過去のデータを整理し直し、その都度発生する障害を、6回の工程に分けてしらみつぶしにデバッグしながら、最終的に全く障害が出ない状態にまで持っていきました。あの時は、部下達も本当に良くやってくれましたし、そのシステムは、お客様から今でも「他のシステムよりも全く安定している」とご評価をいただいています。
これを突破口として努力を続けた結果、年々業績アップを達成。その成果を会社からも評価していただき、正社員採用から丸4年で課長に昇進、今では情報システム一課を任せて貰えるまでになりました。

入社希望の学生諸氏へのメッセージ

社員紹介

さらに上を目指したいという意欲ある方は
ぜひ当社で実力を発揮してください。

当社は、新卒・中途採用の分け隔てなく、やる気があって手を挙げれば、仕事を任せてもらえる会社です。そして、成果を上げれば、素直に評価してもらえ、スピード昇進もあり得ます。かといって、偏った個人主義ではなく、納期に間に合わないなど、何か問題が起きた場合は、みんなで集まって助け合う温かい社風があり、そこがまた栗菱コンピューターズならではの風土と言えるでしょう。
もし、あなたが、10年後、20年後の自分を思い描いた時、プログラマーとして、あるいは管理者として、さらに上を目指して仕事をしたいと思うなら、ぜひ当社に来て、その実力を思う存分に発揮してほしいと思います。

一日のスケジュール

社員紹介

常駐先であるお客様オフィスに朝9時出社後、メールを確認。9時半から昼休みまで、スケジュールや作業内容等の資料を作成、部下への作業指示を行います。昼休み後は、資料作成、そして作業指示を行いながら、社内スタッフや海外ベンダーとの打合せを数回入れ、19時に退社します。アフターは、月イチ・金曜の夜に、ランニングサークルに参加。お客様と一緒に皇居の周りを走って、健康増進を図りつつ親睦を深めています。また週末は、ロードバイクやロッククライミングなど、いろいろなスポーツを楽しんでいます。


ページの先頭へ戻る