社員紹介

ソフトウェア技術第一部 ビジネスシステム課 2009年入社 庄林 佑樹

栗菱コンピューターズを入社志望した動機について

社員紹介

やりがいのある仕事で、プログラミングに
打ち込める環境がある会社を探していました。

私は小学生時代からプログラム作成を始め、情報系の大学に進んでからも、授業はもちろん、趣味でもゲームを作るなどして楽しんでいました。そういう私が、大学就職課からの紹介をきっかけに、栗菱コンピューターズというソフトウェア会社に入ったのは、必然だったかもしれません。ここには、やりがいのある仕事があり、また、のびのびと好きなプログラミングに打ち込める環境もあります。プログラマーには最高の職場だと思います。

現在の仕事や、やりがい、エピソードについて

社員紹介

お客様と直接やりとりできる部署なので、
喜びの声を直接聞ける手応えがあります。

私の仕事は、お客様個々の業務にフィットした業務システムの開発・導入です。インフラ系の仕事とはまた違って、お客様から直接ご要望をお聞きできて、お叱りの言葉も、喜びの声も直接返ってくる。だから、一生懸命やった結果が、「ダメじゃないか」「思っていたのと違う」と言われた時は正直ヘコみますが、逆に「前より断然良くなった」「思った以上に使いやすくなった」とお褒めの言葉を頂くと、やはり嬉しいです。まさに、お客様に叱咤激励をいただいて、自分もプログラマーとして鍛えられ、キャリアアップをさせていただいているという感じですね。

この前、長年、当社の生産管理システムを使っておられるメーカー様から、「例外的な工程の追加が必要となったので、プログラムを変更してほしい」と要望を受けました。そこで、融通が利くようにさまざまな新機能を追加し、システム全体のパワーアップを図りました。ところが、システム更新後は、お客様からの問合せの電話がほとんど鳴らなくなってしまったのです。「便りのないのはよい便りだな」とホッとした半面、寂しいなと思っていたら、今年の正月、担当者様から私宛に直接年賀状が届きました。「旧年中はお世話になりました。お陰様で、業務が大変はかどり助かっています」と。本当にお役に立てていたのだなと、あの時は、今までの苦労が吹き飛んだ気がしました。

入社希望の学生諸氏へのメッセージ

社員紹介

先輩から直接話を聞くなど、リアルな情報
に基づいて判断してほしいと思います。

ネットにさまざまな情報が溢れる時代、皆さんはその会社が自分に合っているかどうか、思い悩まれているのはないでしょうか。しかし、ネットの匿名情報よりも、実名の情報の方が真実だと思います。私自身、自分の適性に合った栗菱コンピューターズという会社と出会えたのは、大学の就職課からの紹介でした。皆さんも、就職課に置かれている先輩の手記を読んだり、直接訪ねて話を聞いたりして、リアルな情報を確かめて判断してほしいと思います。

一日のスケジュール

社員紹介

会社の始業時刻は8時50分なのですが、バタバタするのが嫌いなので、8時20分にはオフィスに着いて仕事の準備をしています。朝一番にメールの確認をすると、以降は基本的にプログラム作成に集中。その間に、社内打合せを約1時間行い、互いの進捗状況の確認や、今後のスケジュール調整等を行います。また、客先での打合せがある時は、半日社外に出ていることもあります。定時の17時35分から18時まで休憩を入れて、18時から最後のひと踏ん張りし、19時に退社です。週末は、仲間達と草野球でいい汗を流しています。


ページの先頭へ戻る