社員紹介

システムサービス技術部 車上システム課 2011年入社吉田 裕亮

栗菱コンピューターズを入社志望した動機について

社員紹介

インフラ関連の仕事に就こうと面接を受け
その温かい社風に触れて入社を決めました。

私は理工系大学の情報系学部で学んでいたので、就職先はIT系企業を志望していました。できればWeb関係や業務系システムより、発電所・鉄道・交通といった大きなインフラを動かしている企業を、と探す中で見つけたのが栗菱コンピューターズでした。私は関東出身で、関西には馴染みが薄かったのですが、栗菱の入社面接を受けたとき、ムードが柔らかったんですね。他に関東の企業も何社か受けましたが、他社にはない温かさを感じました。この人達と一緒に働けたら楽しいだろうなと思い、当社への入社を決めました。

現在の仕事や、やりがい、エピソードについて

社員紹介

自分の仕事がニュースになる。
そういう仕事って、そう多くはありません。

私の仕事は、委託元企業の工場において車上システムのハードウェア/ソフトウェアを実際にモーターやブレーキに取り付けて試運転をし、正しく動作しているかどうかを検証する品質管理業務です。さらに、不具合が起きた製品を修理して返送する業務も行っています。

もともとはソフト開発の仕事を志望していたので、今の部署に配属された時、最初はどうかなと思ったのですが、実際働き出すと、デスクに向かって座っている時間よりも、ものづくりの空気を肌で感じられる現地作業が楽しくて。最近のトピックとしては、開業したばかりの高速鉄道の車両の制御装置の検証を担当しました。テレビで、「試運転が始まりました」「車両が路上輸送されました」というニュースが流れるたび、誇りに思います。自分の仕事がニュースに出てくるって、そうそうあることではないですから、社会に寄与している実感と、これ以上ないやりがいを感じています。また、修理品のどの基板のどのICに不具合があるかを解析し、ICメーカーに改善要望を出した結果、工程改善をしていただいたときは、自分の知識と経験を活かせた達成感がありますね。鉄道関連の仕事は正確に動いて当たり前で、突然のトラブル発生に対し緊急対応が求められるなど大変な部分もありますが、今はソフト開発よりも、この仕事をもっと究めたいと考えています。

入社希望の学生諸氏へのメッセージ

社員紹介

大学での専攻にとらわれず、視野を広げて
適職を探してみると選択肢が広がります。

就職活動中は考えてもみなかった仕事が適職だったということもあります。大学での専攻にとらわれず、例えば情報系だけでなく電気系等も含めて探すなど視野を広げてみるといいでしょう。事実、私自身がそうでしたが、仕事内容はもちろん、社風や職場環境も含めて、栗菱コンピューターズへの入社満足度は100%と言えます。当社は、電力や交通などのインフラの仕事ができ、入社早々の社員にもチャンスを与えてくれる会社。「大きなスケールの仕事をしたい!」という人は、ぜひチャレンジしてください

一日のスケジュール

社員紹介

8時30分に出社し、9時までにメール対応。9時から11時まで、設計・ソフト開発・品質管理の各部門が集まって、仕様書の精査(ドキュメントレビュー)を行います。11時から12時15分まで、持ち込まれた修理品の調査を実施し、昼休みを挟んで不具合報告書を作成。その後は、終業まで新しいソフトウェアの検証を行います。場合によっては、この作業が2~3週間終日続くこともあります。最後に18時からメール対応と、後片付けを行って19時に退社となります。週末は妻とショッピングに。あとは、隔月に1度ほど、会社の同僚達とゴルフを楽しんでいます。


ページの先頭へ戻る