画像検査システム

メーカーの製造ラインにおける外観検査をオートメーション化
良品・不良品を確実に検出する画期的な画像検査システム。

メーカーの製造ラインにおいて、製品の外観検査をオートメーション化。従来の画像検査システムとは異なり、最初に多くの良品サンプルを読み込ませて「良品範囲」を定義する新方式を採用。撮影画像がほかの良品と統計的に「ほぼ同じもの」を良品として選別できる、画期的な画像検査システムを提供しています。

メーカーの外観検査に
革新的なソリューションを提供。

独自のアルゴリズムにより、「良品と同じ」と判定されたOK品の中に、不良品が混ざることはありません。そのため、OK品はそのまま出荷することができ、検査にかかる業務ストレスを大幅に軽減することが可能。各種メーカーの外観検査に、革新的なソリューションを提供しています。

当社画像検査システムの優位性が
認められ、大手自動車メーカーの
部品検査ラインに採用。

大手自動車メーカーへ部品を供給する製造ラインに採用。不良品を検出して排除する従来の画像検査システムと比べて、高精度で取り扱いやすいと、優位性が認められました。現在、部品検査ラインの自動外観検査装置として稼動しており、高い評価を頂戴しています。


ページの先頭へ戻る